動物循環器センター北の森どうぶつ病院

〒011-0911札幌市北区新琴似11条17丁目1-35

診療時間

平日09:00~12:00 16:00~19:00
土・日・祝10:00~12:00 14:00~17:00
月曜休診

診療動物

犬・猫

うさぎ・ハムスター等小動物
※鳥類・両生類・爬虫類は診療していません

心臓病について

肥大型心筋症

概要

肥大型心筋症とは、心肥大をおこす原因となる高血圧や弁膜症、甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患がないにもかかわらず、心筋の肥大がおこる病気で、左室心筋の異常な肥大に伴って生じる、左室の拡張機能(左心房から左心室へ血液を受け入れる働き)の障害を主とする病気です。本症の心肥大は、通常その分布が不均一であることが特徴的で、肥大の部位・程度や収縮の程度などにより収縮期に左室から血液が出ていく部位(流出路)が狭くなる場合があり、そのような場合は閉塞性肥大型心筋症と呼ばれます。これに対する非閉塞性肥大型心筋症の他、心尖部肥大型心筋症、心室中部閉塞型心筋症、拡張相肥大型心筋症などのタイプに分類されます。この病気は犬よりも猫に多く見られ、特にメイン・クーン、スコティッシュ・フォールド、アメリカン・ショートヘア、ラグドール、ペルシャ、ノルウェージャン・フォレストキャットなどの種類に多く発生します。

原因

遺伝的原因が関与すると言われていますが、遺伝以外にカテコラミンの過剰生産やそれに対する心筋の感受性増大、心筋虚血や栄養障害も原因の一つとして想定されています。

症状

うっ血性心不全がない状態では、無症状ですが、うっ血性心不全になると、運動不耐性、呼吸数の増加、食欲の低下などがみられます。左心房が大きくなると肺水腫や動脈血栓塞栓症などを引き起こすことがあり、死に至ることがあります。

診断

診断には心エコー検査が有用で、左室肥大の程度や分布、左室流出路狭窄の有無や程度、心機能などを知ることが出来ます。

肥大型心筋症

治療

無症状で、心臓に負担がかかっていない場合は、無治療で経過観察になります。心臓に負担がかかってたり、うっ血性心不全の状態があれば内科的治療が必要になります。内科的治療が必要かどうかは検査結果によって判断いたしますので、獣医師にご相談ください。